弁護士の転職を考える

転職攻略ガイド!弁護士編

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
弁護士の転職先はいくつかありますが、主に法律事務所と企業があり同じ法律事務所でも企業法務系と一般民事系に別れています。
転職攻略ガイド!弁護士編のメインimage

弁護士の転職を考える

弁護士は以前なら高い年収で人気の職業でしたが、弁護士人口の増加に伴い平均収入は減少傾向にあります。

その為より良い転職先を求める人は増えており、やりがいのある収入も安定している職場探しは転職を考える上で非常に重要になってきます。

弁護士の職場としては事業会社で企業弁護士となる方法や法律事務所で一般向けや企業法務系の事務所に勤務する方法があります。

一般向けとは一般の民事を指し実務経験よりコミュニケーション能力を重視する傾向があります。

逆に企業法務では企業の法務を行った経験がある弁護士が好まれています。

経験が必要な分若手の弁護士であれば一般向けの法律相談所の方が好まれますので、ますはこちらで経験を積んでいくのも良いでしょう。

企業向けの弁護士として転職を考えるなら、転職先を探してくれるコンサルタントに相談する事がお勧めです。

企業弁護士に転職をする場合、その企業がどういった人材を求めているか知る必要がありますが、内部の情報は知る事が難しいです。

また弁護士業務は多岐に渡っており、その内容は書類の作成から株式総会の管理まで様々な仕事が任せられます。

ただ通常は経験者を求める企業内弁護士ですが、未経験でも可である企業もありますし、企業弁護士は求人数も増え転職しやすくなってきています。

企業内弁護士のデメリットとしては法律事務所勤務の弁護士と比較して収入が低めであることですが、法律事務所は小規模が多く募集が少ないです。

Copyright www.justmycrazykitchen.com.